油圧サーボと空圧サーボそれぞれの特性を活かして精度の良い変位制御を可能にしました。

油圧サーボによる変位制御

変位制御は油圧サーボが得意としています。

油圧の持つ剛性の高さで大きな負荷をも自由自在に動かすことが出来ます。

加振機やシミュレータ、シリンダを平行に6本配置し、6自由度を持たせた6軸モーションも小さいサイズから大きいサイズまで製作可能です。

要素範囲(目安)備考
変位範囲ストロークで最長3000㎜程度シリンダの製作範囲で決まります。
停止精度最小分解能:0.001㎜程度使用するシリンダの長さや使用するセンサにより異なります。
応答性DC~400Hz程度負荷の大きさ、変位量、使うバルブの種類などにより大きく変わります。

空圧サーボによる変位制御

変位制御は空気圧制御の中でも苦手とされる分野です。

荷重制御では有利に働く空気の圧縮性が変位制御では剛性の低さとなって現れます。一般的には1㎜の位置決めもなかなか難しいかもしれません。

しかし東明工業では専用シリンダと制御方法により空圧サーボを用いた精度の良い変位制御を可能としています。

要素範囲(目安)備考
変位範囲ストロークで最長3000㎜程度シリンダの製作範囲で決まります。
停止精度最小分解能:0.01㎜程度使用するシリンダの持つ摩擦、負荷の大きさ等により異なりますが、サーボシリンダを使用した場合の値です。
応答性DC~20Hz程度容量の大きさとバルブの大きさ配管長さ等で制御できる範囲が変わりますのでお問い合わせください。

変位制御技術を利用したシステム製品

お問い合わせ


システム統合技術について詳しく

各分野のシステム製品

事業分野から探す
Scroll Up