シリンダブロックにピストンを取付け模擬燃焼室に高圧作動油を直接供給し疲労試験を実施

ピストンピンに繰り返し荷重をかけて耐久試験を実施し、荷重を計測します。

ピストン疲労試験機
  • テストベンチ上のシリンダブロックにはカートリッジヒータがあり、加熱した耐熱性オイル及び冷却水を循環させて試験部を試験温度に保持
  • 試験温度を維持しつつ模擬燃焼室に繰り返し高圧作動油を供給し、ピストンに荷重負荷を負荷
  • ピストンに結合されたコンロッドの下部にはロードセルを装備しており、荷重の計測も可能
ピストン疲労試験機
テストベンチ(左上部)

仕様

供試体ピストン径Φ64~Φ80
加圧波形正弦波、近似燃焼波形
試験圧力MAX 45MPa
加圧サイクルMAX 100Hz
試験温度MAX 150°C

システム製品

事業分野から探す

お問い合わせ

Scroll Up