バルブの品質管理で合否を自動判定 – エアー抜き工程を設け正常なデータを取得

供試体のスプールをリニアアクチュエータで押込み、スプールのバネ荷重、ストローク及び各油圧ポートから吐出される圧力を測定し合否判定を自動で行う装置です。

油量コントロールバルブの性能評価試験装置
  • スプール変位・圧力・荷重を測定し取得データから合否を自動判定
  • スプールのばね荷重、ストロークを計測可能

仕様

テストスタンド外形W1,600 × D1,900 × H1,700 mm
供試体バルブASSY
油圧300kPa
供給流量10L/min
スプール押し荷重Max 20N
油種エンジンオイル
油温Max 130°C(ヒータ式)
ストローク計測0~10mm
試験パターン2パターン
供試体の種類により、治具を装着し、検査。

システム製品

事業分野から探す

お問い合わせ

Scroll Up