回転速度と方向を制御するサーボモーター駆動ポンプを使用してブースタシリンダを駆動する破壊試験機

ACサーボモータで油圧ポンプの回転速度と方向を制御するポンプを使用してブースタシリンダを駆動し、供試体に内圧を加えて破壊圧力を計測します。ワーク内部に圧力をかけることで破壊圧力と破壊する部位の再現性を確認できます。

破壊試験機
  • 試験データを計測・記録し、パソコンへ出力可能
  • タッチパネルで目標圧力と昇圧速度を設定可能、試験条件の設定が容易
  • タッチパネルに現在圧力・ピーク圧力を表示し、試験中、試験終了後の圧力も確認可能

仕様

制御方式油圧・圧力制御
昇圧速度0.49~14.7 MPa/min
保持時間0~5 min
最大圧力MAX 35Mpa

システム製品

事業分野から探す

お問い合わせ