空圧サーボの採用により荷重コントロールを可能にしたクリープ試験機

ゴム製品などの供試体に荷重を長時間載荷できる空圧サーボ方式の試験装置です。錘型のクリープ試験は安価ですが、荷重コントロールに難があり、印加時に衝撃がかかります。この印加時衝撃を空圧サーボの採用により解決しました。

クリープ試験機

最長載荷時間は2,000時間を誇り、最大4Chの試験が可能。恒温槽を備え、必要な環境温度で同一条件の試験が可能です。

本クリープ試験機は錘で印加するタイプの試験機に比べて、

  • 1chあたりの設置面積が小さい
  • 載荷荷重の値が任意に設定できる
  • 荷重印加時の衝撃荷重がかからない
  • 載荷時間を任意に設定できるため荷重変更時に人が介在する必要がない

という多くの利点があります。

仕様

軸数最大4ch(荷重独立)
最大荷重5kN
工程数(試験パターン)最大20工程
温度制御(恒温槽付の場合)常温~150°C
最長試験時間2,000時間

システム製品

事業分野から探す

お問い合わせ